かくれ冷え性って何?

冷え性が改善!原因と対策法を知ろう

かくれ冷え性って何?

スポンサードリンク

.

自覚がないかくれ冷え性

冷え性

普通、冷え性の場合、自分が冷え症と感じていることが多いと思いますが、手足も冷たくないし寒がりでもない、自分は冷え性ではない、と思っている人の中には内臓が冷えている「かくれ冷え性」である場合があります。かくれ冷え性は内臓温度が低下している状態で、放っておくと危険なことになります。内臓温度の低下は、血液の流れが悪くなり、免疫力や代謝も低下。むくみやくすみを起こしやすくなり、健康にも美容にも悪い影響を与えます。かくれ冷え性は珍しくないといわれています。自分が冷え症ではないと思っていても、もしかしたらかくれ冷え性かもしれません。チェックしてみましょう。


ページのトップへ ▲

あなたはかくれ冷え性?

平熱

次のような項目にチェックが入ったら、かくれ冷え性の可能性があります。顔色が悪い、肩こりがひどい、胃腸が弱い、むくみやすい、しみやそばかす、くすみなどの肌トラブルが起きやすい、寝つきがよくない、朝起きるのがつらい。このような症状に心あたりがあれば、もしかしたらかくれ冷え性の可能性があります。また、朝起きたときに脇よりもお腹や太ももが冷たい場合は冷え性です。お腹や太ももは、熱生産量の多い場所。その部分が冷たいということは、冷え性である場合が多いのです。顔がほてりやすいという人も冷え性の可能性が。平熱が36度以下の場合も冷え性であることが多いです。特にかくれ冷え性の人は、冷え性を自覚することが大切ですよ。


ページのトップへ ▲

かくれ冷え性に気づかないとどうなる?

かぜをひきやすく

もしもかくれ冷え性に気づかずに、そのまま放置しておくと大変なことになります。内臓温度の理想は37.2℃〜38℃くらいといわれています。そのためには体温は36.5℃くらいが理想です。しかし、かくれ冷え性の人は内臓温度も体温も35℃代の場合が多いのです。35℃前半では、生命の維持にも危険が及びます。内臓温度は1℃下がると、免疫力が30%低下するのです。免疫力が弱いと、かぜをひきやすくなったり、アレルギーを起こしやすくなったりします。また、内臓温度が下がると基礎代謝も低下するため、太りやすい体質になります。かくれ冷え性に早く気づいて、改善していくことが必要です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 冷え性が改善-ホーム | 冷え性って何? | 原因は何? | 冷え性が及ぼす悪影響とは | なぜ女性に多いの? | かくれ冷え性って何? | 男性の冷え性とは? | 冷え性と冷暖房の関係 | 冷え性と骨盤の歪みの関係 | どんな病気をもたらすの? | 冷え性と不妊症は関係あるの? | 末端冷え性の症状と改善法 | 改善に良い食べ物とは? | 正しい入浴法 | 改善になる運動方法 | 冷え性の対策法が知りたい! | 漢方薬とサプリメント | 足の冷え性と対策グッズ | ツボマッサージで解消! | 冷え性と下半身のむくみ解消法 | 改善で更年期障害も解消! |

Copyright (C) 冷え性が改善!原因と対策法を知ろう All Rights Reserved.