冷え性と不妊症は関係あるの?

冷え性が改善!原因と対策法を知ろう

冷え性と不妊症は関係あるの?

スポンサードリンク

.

不妊症につながる冷え性

不妊症

「女性は体を冷やしてはいけない」とよく言われますね。現代の女性は子どもができにくい体になっているともいわれています。それは女性の不妊症に冷え性が関係しているからです。現代では仕事をする女性が増え、それに伴いストレスの増加や体温調節の低下、食生活の乱れ、体温の低下など冷え性の原因となる要素をたくさん抱え込んでいるのです。特に卵巣や子宮など生殖器のある下半身は冷え性の影響を受けやすいとされています。冷え性は生理痛や生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫などを引き起こすことにも関係し、排卵や着床がうまくいかなくなることにも関係しています。冷え性は不妊症と深く関係するのです。


ページのトップへ ▲

低体温と不妊症の関係

低体温

冷え性は低体温を招きます。低体温と不妊症も関係があります。低体温は血流を悪くします。血液には体のエネルギーとなる栄養素や酵素、体の調子を整えるホルモンなどが含まれていますが、これらが体の全体に行き渡らないと、卵巣機能や黄体機能などの生殖機能の低下を招くことになります。体温調節の中枢がある視床下部には、ホルモンの分泌をつかさどる中枢があり、低体温の場合、ホルモンバランスに悪影響が出るのです。ホルモンバランスが乱れることによって、卵巣機能に影響が出て、不妊症につながることがあるのです。低体温を招く冷え性は、こういった関係から不妊症の原因となるのです。


ページのトップへ ▲

不妊症を招く排卵障害と冷え性の関係

臓器の働き

冷え性によって臓器の働きが悪くなり、子宮や卵巣はその影響を受けやすくなります。冷え性により血流が悪くなると、卵胞刺激ホルモンが分泌されにくくなり、排卵障害を引き起こすことがあります。また、卵巣への血流が不足すると、卵胞の発育が悪くなり、排卵しなかったり、体外受精の際に十分に発育した卵を得られなかったりして、それが不妊症の原因となります。さらに生理中に排泄されるべき血液や粘膜が、冷え性によって排泄機能が弱まっていると、排泄されなければならない血液が子宮の中に残ってしまいます。その残った血液が子宮内膜症や子宮筋腫などを引き起こし、それが不妊症の原因になってしまうのです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 冷え性が改善-ホーム | 冷え性って何? | 原因は何? | 冷え性が及ぼす悪影響とは | なぜ女性に多いの? | かくれ冷え性って何? | 男性の冷え性とは? | 冷え性と冷暖房の関係 | 冷え性と骨盤の歪みの関係 | どんな病気をもたらすの? | 冷え性と不妊症は関係あるの? | 末端冷え性の症状と改善法 | 改善に良い食べ物とは? | 正しい入浴法 | 改善になる運動方法 | 冷え性の対策法が知りたい! | 漢方薬とサプリメント | 足の冷え性と対策グッズ | ツボマッサージで解消! | 冷え性と下半身のむくみ解消法 | 改善で更年期障害も解消! |

Copyright (C) 冷え性が改善!原因と対策法を知ろう All Rights Reserved.